BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. プロフィール
  4. なぜ歌手を諦めて指導者の道に進んだのか

なぜ歌手を諦めて指導者の道に進んだのか

こんばんは、ボイストレーナーのHirokoです。

こんな夜中にふと、自分の想ったことを綴らずにいられなかったので、ここに今の考えを残しておきたいと思います。
少しだけお付き合いください。

私は、26歳にして歌手になると宣言をし正社員を辞め、翌年2020年に、歌手になることを諦めました。あまりにも早くて、弱い、挫折でした。

私にとって、音楽はずっと身近にありました。

物心ついた3歳の頃には人前で歌っていたし、幼少期から母親が演歌歌手をしていたため、よく現場に一緒に連れて行かされていました。

母親はとんでもなく歌が上手いのですが、ずっと昔からそんな母の歌をBGMのようにして聞いていた幼少期を過ごしていました。

小学生になる頃には、卒業文集の欄の将来の夢は、もちろん「歌手」。
オーディションも同級生と一緒に受けたり、一人でも受けに行っていました。
その時に初めてavexと関わりを持ったのですが、最終選考の手前で落選しました。

そんな小学生の幼心にも敗北感を覚え、暫く歌手になるという夢を追いかけることを辞め、いわゆる「一般的に」立派な人間になろう、と成績や学歴を追い求めるようになりました。

そんな高校時代の頃、また強烈に音楽を好きになる機会に恵まれました。
それが、高校の同級生女子4人で組んだバンド活動です。

音楽が人と繋げてくれました。
音楽が自分を素直にしてくれました。

そこからは、とにかく楽しすぎる高校時代を過ごさせてもらいました。
バンドメンバーと一緒に居るふとした時に、ボイスパーカッションをしながらケラケラ音合わせをしたり。
毎回ライブのステージから見る観客の景色がたまらなく好きでした。

バンド活動だけではなく、合唱コンクールもたまらなく好きでした。

とにかく、音楽がそこにあるだけで、自分が素直になれ、自分を解放でき、人と繋がる一体感を全身で感じさせてくれました。

そんな音楽が好きになった原点をすっかり忘れていたのです。

26歳にして歌手を目指した動機が、今思えば、何者にもなれていない自分への敗北感から、「有名になって(周りから)すごいと思われたい」という承認欲求でした。

承認欲求が悪いこととは思いません。承認欲求は、時には夢を叶える起爆剤となりうることもあることを知っています。

でもその時の私は、現状の自分を受け入れずに他者に受け入れてもらいたい、ただただ浅はかな承認欲求でした。

だから無理が出て、2020年に心療内科に行くと、「適応障害」と診断されました。
歌うことも、音楽を聞くことも拒絶するくらいの拒絶反応で、真剣に「音楽を嫌いになるかもしれない…」と思いました。

今思えばその経験も、音楽を好きになった原点を思い返させてくれるために必要なことだったと確信できますが、当時は本当に辛くて辛くて、自分が惨めでどうしようもなかった。

そんな時でも続けることができていたのが、今の仕事、指導者としての「ボイストレーナー」という仕事でした。

歌手になると決めて正社員を辞めた時に、パートで働きながら大好きな音楽でお金が稼げたらなんて幸せなんだろうと思って勇気を出してボイストレーナーの求人に応募したのが一番最初のボイストレーナー人生のスタートでした。

ボイストレーナーという仕事の奥深さが面白くて、これまで転職を繰り返すジョブホッパーだった私が唯一続けることができた職業。

ボイストレーニングの知識や技術の奥深さも本当に面白くて、人体との関係や量子力学、精神学など、私の知的好奇心が止まることはなかったのもこの仕事の魅力でもあるのですが、一番は生徒さんとの「繋がり」でした。

この「繋がり」は、高校時代に感じたソレの「繋がり」と全く同じ感覚でした。

音楽を通して自分が素直になれて、オープンになれる。そして人と繋がれる。

まさに、ボイストレーニングという指導を通して感じることができるプロセスが、私が音楽を好きになった原点でした。

だから、全くの悔いがなくこの仕事を続けられているのも、遠回りをして、音楽の魅力を再認識したからだと思います。

そして、この仕事を初めて早2年、今年で3年目になりますが、今でもなおこの探究心と好奇心は消えることがなく、それらの情熱の炎は燃え続けています。

こんな素晴らしい仕事に出逢わせてくれたことに感謝。

何より、一番最初にシアーミュージック梅田校で講師として採用してもらわなかったら今の私はありませんでした。
その頃の採用担当の中務さんに、まずは深い感謝を送ります。

そして、何より仕事の喜びを学ばせて教えてくださった全ての生徒さんに感謝すると共に、最高の楽しみを見出させてくれた母親に感謝します。

PS:今カレンダーを見てビックリしたのが、ちょうど一昨年の2019年のこの4月にボイストレーナーとして初めてレッスンをした日。しかも今日と同じ20日の週の水曜日だった・・・!何このシンクロ!!!!ビックリ・・・!

友だち追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事